マーケター河原塚の放課後ノート

興味がある5つのキーワード:イノベーション、未来、歴史、雑誌、個人

読書感想文を巡る息子との攻防を救ったTwitter(2017年夏)

息子の読書感想文がまったく進みません。 課題図書はとある戦国武将の伝記です。 息子は戦国時代が好きなので、相性のいい宿題になるはずでした。 たまたま「嫌いな武将」なのです。 仕方なく嫌々そうに伝記を読み、下書きを書きました。 見せてもらったとこ…

頭から離れない今週の広告:生茶のお茶氷とキクぜと燃殻え著「ボクたちはみんな大人になれなかった」(2017年8月第1週)

面白い広告や気に入った広告があれば紹介するこのシリーズ、無事に2回目になりました。しかも一ヶ月ごとのつもりが、一週間で紹介したくなるほど豊作です。 8月の第1週で気に入った広告を3点紹介します。 生茶のお茶氷(KIRIN) なにかにキクぜ。(vitaminwa…

個人のミッションを共有するためのSalesforce

先日、Salesforceのイベント「Trailhead Live Tokyo 2017」に参加しました。 Salesforceといえば、営業の管理を行うは難しSFA(営業支援ツール)から領域を拡大し続けている、泣く子も黙るクラウドサービス事業者です。 www.salesforce.com 今回のイベントで…

物語創作ツール カタルタ(KATARUTA)5周年イベントでショートショート作家の田丸雅智さんに会いました #カタルタ

カタルタ(KATARUTA)という名前のカードがあります。 トランプと同じ52枚のカードで構成されています。 実際、トランプとして使えるようになっています。 トランプと違い、カードの真ん中に言葉が書いてあります。 例えば「100年たって」とか「どうやら」と…

プロフィール写真は本人に選ばせないのはなぜか?

「こっちの写真のほうがいいんだけど。」 プロフィール写真を撮り慣れているカメラマンに、職場のメンバーのプロフィール写真の撮影を頼みました。 その後、複数の写真からメンバーごとに写真を選んだのですが、本人からはネガティブな反応がありました。な…

ブログのタイトルを「マーケター河原塚の放課後ノート」に変更します

このブログは「マーケティングがわからない」という仮のタイトルを使っていました。 きっかけは、はてなブログの新しいドメインが取れるタイミングに、たまたま「marketing」のサブドメインが手に入ったことです。 当時もいまもマーケティングの奥の深さにも…

ブログの更新を妨げる4つのハードル(2017年7月)

ブログを一ヶ月毎日更新しようしたところ、助けてくれるものと、妨げるものに気づいた。 (助けになったのは、前回紹介したこちらをご覧ください。 ブログを毎日更新するための4つの方法(2017年7月からの気づき) 自分の弱さと直面し(大げさ?)、乗り越え…

ブログを毎日更新するための4つの方法(2017年7月からの気づき)

「ブログを毎日更新するためのXつの方法」と書き出しましたが、先月は毎日更新できませんでした。 2017年7月は、31日の中で24回更新したので、更新率は77.4%です。一緒にブログを書いている他のメンバーは100%あるいは、ほぼ100%なので、大いに反省しなけれ…

週一ヨガにボクササイズを加えたらどうなったか?(4週間で-2kg)

先日紹介したとおり、同じ40代後半なのに一年で16.5kgやせた友人がいる。 一年で-16.5kg痩せた男の話 - マーケティングがわからない このまま何もやらないわけにいかない。 数歳年上の50代の先輩からも「痩せるなら40代のうちだぞ」「少しでも早く痩せろ」と…

頭から離れない今月の広告:犬とミントと動物たち(2017年7月)

マーケティング活動の一環として宣伝に関わっているので、世の中の広告が気になる。 というわけで、今月気になった広告を3つ紹介する。なお、個人的な趣味により、交通広告や屋外広告などアナログの領域が中心になりそうだ。 d社の広告にs社の犬が登場 ミン…

UZABASEの代表新野さんが教えてくれた「相対化」と「商店化」の技術( 『一流マネージャーの仕事の哲学』の出版記念セミナーで)

前回の『一流マネージャーの仕事の哲学』の出版記念セミナーで西岡氏に「まず口角をあげよう」と教わった - マーケティングがわからない で紹介した著書出版記念セミナーの後半は、西岡さんとともにUZABASEの代表新野さんが登壇した。 UZABASEは「SPEEDA」「…

『一流マネージャーの仕事の哲学』の出版記念セミナーで西岡氏に「まず口角をあげよう」と教わった

シャープのエンジニアから研究部門の責任者、コンピュータ事業を立て直し、インテルジャパンの社長になった人物がいる。西岡郁夫氏(西岡郁夫 - Wikipedia) 著書『一流マネージャーの仕事の哲学』の出版記念セミナーに参加してきた。 大会社のミドルに元気…

ドイツから来日したUXの専門家に教わった「信頼のバリューチェーンのための5つの質問」

UXという言葉をよく聞く。 昔はUI、ユーザーインターフェースを考えていたが、いまはより広いUX、ユーザーエクスペリエンスも考えてよりよいサービスを考える。 日本国内でUXの普及活動を行う、UX DAYS TOKYOがドイツからUXの専門家を招いたセミナーを開催す…

福田健二選手、鈴木啓太選手ともう一人のサッカー界のおすすめ記事3本(2017年7月)

スポーツ観戦といえば、ここ数年はサッカーが中心になっている。週末は、地元横浜のチーム、横浜FCの勝敗(現在5位)に一喜一憂してしまう。 そもそもサッカー選手のストーリーは職業人として学ぶことが多い。 最近読んだサッカー界のオススメ記事を3本紹介…

書きたいネタ一覧(2017年7月)

書きたいと思って書けていないネタをメモしておきます(2017年7月25日時点、31日更新)。 UXの専門家に教わった信頼のバリューチェーンとは インテル元社長に教わったミドルマネージャーがいますぐにやるべきこと UZABASEの経営者に教わったミドルマネージャ…

映画『忍びの国』の主人公は日置大膳と思ったわけ(ネタバレあり)

息子と一緒に映画『忍びの国』を観た。 映画が終わったあと、息子は言った。 日置大膳がかっこよかったね。 主人公は嵐の大野智演じる凄腕の忍者、無門。 一方、伊勢谷友介演じる、日置大膳(へきだいぜん)は織田信勝の家臣の一人で、強弓の使い手。 実はぼ…

映画『忍びの国』の主人公無門は凄腕フリーランスではない(ネタバレあり)

映画『忍びの国』を観た。 思わず、主人公は凄腕フリーランスか、とTweetした。 映画「忍びの国」の主人公、凄腕の忍者無門(むもん)は、凄腕フリーランスかもなあ。対する強弓使いの大膳は、有能だがあくまで主君に忠義を尽くす。大企業のエリート。違う映…

麻婆まぜそばが絶品だった

台湾まぜそばが流行している(ピークは過ぎたか?)。 渋谷周辺でもランチどきに「台湾まぜそば!」の文字を数か所で見かける。 数回試したが、美味しいまぜそばには出会えなかった。 ひたすらに辛いか、個々の味が強すぎる。「まぜそば」ってこんなものかと…

月9にサピエンスものが登場する日は来るのか

最近、サピエンスものが増えている。 サスペンスではない、サピエンスだ。 例えば、このCM。 スマートフォンのGalaxyシリーズの最新機種が旧石器時代に現れる。 Galaxy「昨日までを、超えてゆけ #3 巨獣」篇(山﨑賢人主演テレビCM) 他にも続々とサピエンス…

一年で-16.5kg痩せた男の話

「いま一番体力がありますよ。」 男は不敵に笑った。顔の輪郭は引き締まり、渋みを増している。 一方ぼくは「40代後半にもなると、体重はなかなか減らないよなあ。中年の摂理なんだよ。」とハイボールの飲み放題に行ったばかり。 同じ47才で、なぜこうも違う…

生産性の高い環境は通勤中?午前?午後?夕方?残業中?それともHKKSend?

生産性が高くなるにはどんな条件があるだろうか? ブログ更新仲間のOさんの投稿を読みつつ、考えた。 一番生産性が高い場所は電車の中(私にとって) - odajinの日記 雑音が入ってこないこと 体調がいいこと 取り組むことが明確なこと(=迷いがないこと) 常…

ブログのタイトルの前にマーケターとしての自分を振り返った

ブログのタイトルは、タイトルでどんなブログなのか、伝えられるといい。 発信者であれば名前や肩書き、テーマであればブログの位置づけ、あるいは想いを込めたキーワードをタイトルに含める。 発信者である自分は、いかなるマーケターなのか?考えてみる。 …

ブログのタイトルを考える旅路へ(前編・名前の悲劇)

いまのブログのタイトル「マーケティングがわからない」はさすがにひどい気がしてきた。 謙虚なつもりだったが、わからないと言っておきながらマーケティングについて書くのは矛盾している。 試行錯誤の結果、「 」に変更した…と書くつもりが、まだ決まって…

メディアミートアップVol.1「メディアで発信することの責任やリスク」で広告主視点で考えたこと

メディアミートアップVol.1「メディアで発信することの責任やリスク」に参加したので、感想を書きます。 集客が必要なイベントなのに、地味なタイトル「メディアミートアップ」から主催者の人柄が伝わってきます。目次 チケットを数日で売り切れさせた2人の…

弘法様ではないので筆を迷いまくり(はてなブログはAndroidアプリがいい)

ブログ投稿仲間のIさんが「弘法筆を選ばずといいますが…」という投稿を上げています。 便乗してブログの執筆環境、具体的には「はてなブログ」の使い方を紹介します。 (すみません。前回予告したメディアミートアップの感想は確認事項があるので、もう少し…

R25が過去のものとして展示されていた…(江戸東京博物館(両国)レポート)

もう過去のものなんだ、と絶句した。 R25創刊号。2000年代の象徴のひとつして展示(江戸東京博物館所蔵) 予告と違いますが、両国にある「江戸東京博物館」が面白かったので紹介します。 目次 江戸東京博物館とは 江戸ゾーン 東京ゾーン WAZUMA(和妻)体験 …

将棋ブームに盛り上がる息子に言えなかったこと

将棋界の藤井聡太さんの連勝で、息子が通う小学校では将棋が大流行しています。 将棋に見向きもしなかった息子ですら、将棋の本を読み始めたほどです。 「パパに挑戦する!」 というので、大人気なく、圧勝してみせました。 私「パパが子どもの頃は、ゲーム…

ブログで劇団ひとりさんや大宮エリーさんのように笑いたい(後編)

これだ!これしかない!。 並べられた10本のアイデアのなかで、1本が際立っている。 選定に関わったみんなが思わず笑ってしまうユーモアがあり、やさしさがあり、わかりやすい。 どんなひとが考えたんだろう? 目次 選ばなくていいアイデア 大宮エリー著「生…

マクドナルドの創業を描いた「ファウンダー ハンバーガー王国のヒミツ」が働き方や生き方を問う

主人公のレイ・クロックに感情移入できるかどうかで、この映画の評価はわかれるでしょう。 あらすじ マクドナルド兄弟が始めた、高速のハンバーガー製造システムに魅了された、冴えないセールスマンだった主人公レイ・クロック。 急速にマクドナルド帝国を築…

ブログで劇団ひとりさんや大宮エリーさんのように笑いたい(前編)

ここ数回、ブログについて書いてます。 ブログを再開するきっかけ ブログを更新できない原因と対策 ブグロを更新する動機 ひとつ抜けています。 そもそもぼくはブログで何を伝えたいのか。 ブログの内容はマーケティングや読んだ本の紹介など、その時の興味…

ブログを更新する動機を考えた

「ブログのネタがない」「興味が拡散してまとまらない」「眠い」などなど。 心の中で悲鳴をあげながら、ぼくはなぜブログを更新しようとするのでしょうか。 動機というモチベーションの源泉は重要です。 今回は、ブログを更新する動機を掘り下げます。 前回…

ブログがなぜ続かないのか?どうしたら続けられるのか、考えた

ブログを更新するのを止めてしまうと、なかなか再開できなくなる現象。 これまで何度もこの現象に出会い、くじけてきました。 どうやったらブログ再開ハードル大障害化現象を超えられるのでしょうか? 昨日に続き(「ブログを再開するにあたって(2017年7月…

ブログを再開するにあたって(2017年7月)

2016年の冬、ブログを毎日更新する企画に参加しました。想像以上に大変でした。1か月の期間限定だったのを、もう1ヶ月、もう1ヶ月と延長して、うまく続けられず、途中で脱落する始末。その後は、ポツポツと月に1度更新する、企画以前の状態に戻りました。で…

はてなブログの中の人から聞いたこと

あるイベントで、はてなブログの中の人の話を聞きました。はてなブログは、・エンジニア4人、デザイナー2人、プランナー2人の体制・2日に1つ、新しい機能を追加・ほかの読者のかたが不快にするような記事は禁止という気合いの入りようでした。そして、「はて…

新サービス「はてなブログ」ベータ版に参加させていただいて

限定的に機能のリリースやユーザー募集をしているなかでありがたいことにベータ版のユーザーにご招待いただきました。 はてなのかた、ありがとうございます。 せっかくなので何か書きたいと思います。 といっても、ランチはランチブログを書いているし、本の…