マーケター河原塚の放課後ノート

興味がある5つのキーワード:イノベーション、未来、歴史、雑誌、個人

読書感想文を巡る息子との攻防を救ったTwitter(2017年夏)

息子の読書感想文がまったく進みません。

課題図書はとある戦国武将の伝記です。

息子は戦国時代が好きなので、相性のいい宿題になるはずでした。

たまたま「嫌いな武将」なのです。

 

仕方なく嫌々そうに伝記を読み、下書きを書きました。

見せてもらったところ、古い順に出来事を並べた挙句、

「すごい武将でした。」

と終わらせています。

 

「読書感想文になってない!」と叱るのは簡単ですが、ではどうすればいいのか。

去年までのぼくだったら困惑したかもしれません。

でも、今年は違います。

Twitterのおかげです。

読書感想文のヒントになるtogetter

幸いなことに、このtogetterを読んだばかりだったのです。

togetter.com

この教頭先生のように、息子の「ある戦国武将が嫌い」という気持ちを大切にしてみます。

嫌いな戦国武将とは

この戦国武将は、よく3人を対比して紹介される武将の一人です。

  • 武将N:天下統一の途中で家臣の裏切りによって亡くなる。
  • 武将H:Nの家臣として立身出世。N亡き後、後継者として天下統一を果たす。
  • 武将I:伝記の武将。当初、Nとは同盟関係。N亡き後、Hの家臣的役割に。H亡き後、Hの勢力を滅ぼし、天下統一を果たす。

天下統一を志すだけあって、どの人物も個性が強く、好き嫌いはあるでしょう。

まずは息子が武将Iを嫌う理由を聞いてみます。

息子との対話

ぼく「どういうところが嫌いなの?」

息子「負けそうだったらがまんして、勝てそうになってから相手を滅ぼしたから。卑怯だよ。」

歴史的に見れば、相手に勝てる状態を作るというのは極めて妥当な考え方です。

 

ぼ「もし自分が武将Iだったらどうするの?」

息「Hがいるときに戦うよ。」

ぼ「それはいつ?」

息「うーん。Nは絶対だから逆らえないんだよなあ。」

ぼ「絶対ねえ。」

息「KNの戦いの後、S攻めの前。このときなら反Hの武将もまだたくさんいる。」

ぼ「どう戦うの?」

息「S攻めに向かっているところを背後から襲う。」

おい!それって卑怯なんじゃない?

 

その後、どの武将が味方になるかなど、仮想戦史シュミレーションのようなことをして、息子の読書感想文は完成しました。

Tweetに感謝です。

読書感想文を書くためのおすすめリンク

東大の中原先生が読書感想文にまつわる体験を紹介しています。

NAKAHARA-LAB.NET 東京大学 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する: 読書感想文とは、いったい「何」で、どのように書いたらよいのか?

今から考えてみますと「読書感想文」というものが、そもそも「何」で、「何を期待されている文章」なのかが、そもそもわからなかったような気がします。オヤジやオフクロにきいても、「はてね?」という感じだった。

読書感想文に正解めいたものがあるのか、悩ましいところです。

 

数年前のこのTweetで紹介された、読書感動文のテンプレートにもびっくりしました。

放課後の一言

もし「読書感想文とは何だろう?」と考えるところまでが宿題だったら、また別次元の宿題になるでしょうね。

頭から離れない今週の広告:生茶のお茶氷とキクぜと燃殻え著「ボクたちはみんな大人になれなかった」(2017年8月第1週)

面白い広告や気に入った広告があれば紹介するこのシリーズ、無事に2回目になりました。しかも一ヶ月ごとのつもりが、一週間で紹介したくなるほど豊作です。

8月の第1週で気に入った広告を3点紹介します。

生茶のお茶氷(KIRIN)

交通広告でかなりの量を出稿しているのが、KIRINの生茶です。

この「お茶氷」の広告がダントツにお気に入りです。

f:id:passionhack:20170807005703j:image

お茶の広告なら、どんな茶葉を使っているとか、作り方の云々など、どうしても商品そのものに関する情報、あるいはシズル感と呼ばれる、喉の渇きを刺激するようなメッセージやビジュアルを訴求しそうです。

 

実際、今回のシリーズでも、一つは普通の広告です。

f:id:passionhack:20170807005719j:image

 氷の中に埋まった、生茶

のどが渇いていたら飲みたくなると思います。

 

一方、お茶氷は、生茶を凍らせたお茶氷の作り方に特化しています。

液体から固体に変えただけとも言えますが、とても気に入っています。

他にも数種類の広告があり、左上の一文「知るとお茶は、楽しくなる。DIscover Tea, That's where the fun starts.」の一文に集約されています。


f:id:passionhack:20170807005739j:image

 

 詳しくは公式サイトのこのページをどうぞ。

www.kirin.co.jp

なにかにキクぜ。(vitaminwater)

商品名がビタミンウォーターだけに、きっと何らかの効能を期待できる飲料なのでしょう。

種類が多いので、まとめて「なにかにキクぜ。」と要約したのかもしれません。


f:id:passionhack:20170807005802j:image

この広告の「神は細部に宿る」な箇所は、個々のボトルの記載にあります。


f:id:passionhack:20170807005812j:image

 おそらく、それぞれに含まれるビタミンなどの成分によって、ストーリーが違うのでしょう。

問題は誰がそこまで読み込むか(ぼくのような職業病ぐらいかも)でしょう。

 

公式サイトもやっぱりカラフルです!

www.glaceau.jp

吉岡里帆さんを胸キュンさせた、燃え殻著「ボクたちはみんな大人になれなかった」

ぼくのTwitterのTLでも大いに盛り上がっている私小説があります。

燃え殻著「ボクたちはみんな大人になれなかった」。

 

手に入れた!売り切れてた!というTweetをよく見かけました。

ぼくもなかなか見つけられないでいませんでした。

 

最近、見かけたと思ったら、そこには吉岡里帆さんが。


f:id:passionhack:20170807005902j:image

強力なPOPです。

強力すぎて、本を手に取れませんでした。

まるで、小説を読みたいのではなくて、吉岡里帆さんに負けたようになるのが悔しかったからです。

 

自分の気持ちが落ち着いたら読みたいと思います。

公式サイトはこちらです。

www.shinchosha.co.jp

来週もお気に入りの広告に出会えますように!

個人のミッションを共有するためのSalesforce

先日、Salesforceのイベント「Trailhead Live Tokyo 2017」に参加しました。

Salesforceといえば、営業の管理を行うは難しSFA(営業支援ツール)から領域を拡大し続けている、泣く子も黙るクラウドサービス事業者です。

www.salesforce.com

今回のイベントでグッときたのは、彼ら自身のSalesforce活用方法であり、目標の取り扱い方です。

Salesforceは上司を含む全社員の目標を確認できる

ぼくが面白いと思ったのがセッションの一つ「Salesforceで実現する働き方改革とは? ~働き方の"質"を改革するアプローチ」です。

セールスエンジニアリング本部ディレクター 鴇田(ときた)さんが、自社でのSalesforceの活用事例、具体的にはスマートフォン向けのアプリの話に及んだときです。

「例えば私の目標をたどっていくとCEOであるマーク・ベニオフの目標につながります。弊社のV2MOMというアプリを使って管理しており、顧客の成功、会社・社員の成功、上司を含む全社員の目標を確認できることで、会社の価値基準をオープンに共有する仕組みです」と鴇田は話しました。

www.salesforce.com

自社の目標が構造化されていて、それぞれの目標がリンクしているというのです。

メリットの一つとして会議が円滑に進むと話されていました。

打合せ前に参加メンバーのミッションを確認すると

自社のソリューションで会議の参加者のミッションを確認できるとどんなにいいことがあるのでしょうか。なお、ここからは完全な想像です。

まず、参加メンバーが打ち合わせに臨むスタンスがわかります。

それぞれのミッションに対して、打ち合わせのテーマはポジティブなのか、ネガティブなのか。なぜ、ネガティブなのかもわかるかもしれません。

次に、打ち合わせのテーマをどういう切り口で話せば、それぞれのミッションに効果的であるか、事前に考えられます。サポートする資料を準備できるかもしれません。

さらに拡大すれば、参加メンバーの上司の目標もわかるので、どう調整すればいいか、一緒に相談できるかも。

とまあ、お互いのミッションが明確なら、もっとスムーズに話が進みそうです。

どうやって組織の構成員それぞれの目標を、整合性を維持して設計するのか、など興味は広がります。

同社のイベントがあれば、また参加してみます。

で、この個人のミッションというテーマで考えると、こういう方向にも広がります。

個人のミッションとSalesforceを組み合わせるとあの企業が?

「RIZAPは結果にコミットする」でダイエット領域から、ゴルフや英会話にまで拡大する同社が、Salesforceを導入するといいます。

itpro.nikkeibp.co.jp

紹介されている利用シーンは、

顧客は、毎日の食事内容を顧客向けのスマートフォンアプリなどからシステムに入力する。トレーナーや栄養士に相談したいことがあるときは、アプリのチャット機能を使って連絡を取ることができる。

などとあります。

同社のサービスは、顧客のミッション達成を支援するものばかりです。

進捗を管理するためのSFAとは相性がよさそうです。

しかも、入力するのはモチベーションの高い顧客自身なのでデータ収集の負荷も減らせています。合理的に設計されています。

10月からの導入の効果が楽しみです。

 

放課後の一言

透明性の高い組織では、当たり前なのかもしれません。

個人のミッションと組織のミッションをどう整合させるか、大事になっていきそうです。

 

物語創作ツール カタルタ(KATARUTA)5周年イベントでショートショート作家の田丸雅智さんに会いました #カタルタ

カタルタ(KATARUTA)という名前のカードがあります。

トランプと同じ52枚のカードで構成されています。

実際、トランプとして使えるようになっています。

 

トランプと違い、カードの真ん中に言葉が書いてあります。

例えば「100年たって」とか「どうやら」というキーワードです。

 

ど・う・や・ら、このカードはお話を作るのを助けてくれるといいます。

カードが誕生して5周年を記念したイベントに参加してきました。

【KATARUTA SPECIAL EVENT at BRICK & MORTAR】

中目黒のBRICK&MORTARで、物語創作ツール・カタルタのイベントがありました。

peatix.com

テーブルに着くと、目の前にはKATARUTAと書かれたカードと、数字と四角が並んだ紙が置いてあります。参加者は20人強ぐらいでしょうか。


f:id:passionhack:20170807005525j:image

しばらくすると、カタルタの製作者・福元和人さんが話し始めました。

隣にはショートショート作家の田丸雅智さんがにこやかに座っています。

福元さんのご紹介によれば、田丸さんは星新一さんの孫弟子で、最近ショートショートの作品を発表し、ショートショート界を盛り上げているそうです。

かつて星新一さんの作品を夢中で読みふけった頃を思い出し、期待は膨らみます。

カタルタで話を作ってみる

早速、カタルタを使ってストーリーを作るワークショップが始まりました。

今回使うのは、カタルタの中でも「ストーリーテリング版・新装版」です。

ウェブサイトの紹介によれば

☆主に8〜10歳向けの絵本や昔話、児童文学から文頭の言葉を抜き出し、頻出ものを中心にカード化しています。また、物語がつくりやすいように、時や場所を表す言葉や感嘆詞が適度に混ぜてあります。

「カタルタ #12 ストーリーテリング 【新装版】」

 とあります。ショートショート向きのカードかもしれません。

 

一回目は、あらかじめ田丸さんが選んだカードを使って、話を作っていきます。

1枚目のカードは「100ねんたって」。

プリントにはあらかじめ「ある日のこと、空に変化が起きました。」と書いてあります。

カードは次々と読まれ、四角に書き込み、その下のスペースに自分なりの物語を書いていきます。制限時間は1分!

合計8枚のカードによってそれぞれの参加者がストーリーを紡ぎ出してました。

 

カードによってストーリーがいろいろな方向に引っ張られていくので、悪戦苦闘して書き終えました。

が、せっかく登場させた登場人物をうまく活かせず、話はうやむやに。

 

二回目は、カードをランダムに引きます。

今度は、田丸さんも話がどうつながっていくか、わかりません。

ぼくのストーリーは、登場人物が身動きできないまま、終わる展開に。

うまく話をつなげるのは難しいですが、とにかく楽しく、話は自由に広げる時間になりました。

 

ワークショップ後は、 歓談の時間になったので、店内に展示されたこれまでのカタルタシリーズのラインアップを見ました。


f:id:passionhack:20170807005546j:image

実は、かなりのラインアップがあり、すでに廃盤になったものもあります。

オンラインストアを見たところ、

kataruta.stores.jp

現在は、

が中心のラインアップになっています。

カードによっては、対話や発想を支援するツールになるそうです。

せっかくの機会なので、数種類のカタルタを購入しました。

息子と遊ぶのが楽しみです。

ショートショート作家の田丸雅智さんにサインをもらう

田丸さんに会える絶好のチャンスなので、著書にサインをいただきました。

次回は、息子と一緒に田丸さんのショートショート講座に参加するつもりです。


f:id:passionhack:20170807005622j:image

・放課後のつぷやき

星新一さんのショートショートをもう一度読み直したくなりました。

 

福元さん、田丸さん、ありがとうございました。

プロフィール写真は本人に選ばせないのはなぜか?

「こっちの写真のほうがいいんだけど。」

プロフィール写真を撮り慣れているカメラマンに、職場のメンバーのプロフィール写真の撮影を頼みました。

その後、複数の写真からメンバーごとに写真を選んだのですが、本人からはネガティブな反応がありました。なかには、任せるよ!という人もいますが、一部のひとは他の写真にしてほしいと言います。

しかしその写真を見ると、どうもしっくりきません。そのひとの良さがうまく引き出せてないような気がします。

困っていると、同僚が声をかけてきました。

カメラ関連の仕事を20年以上しているベテランです。

「プロフィール写真は本人に選ばせてはいけないよ。」

彼女によれば、彼女の経験上、複数の写真からプロフィール写真を選ぶ時は、本人の意見は聞かないそうです(参考にする、というぐらいで)。

他人が選ぶプロフィール写真と、本人が選ぶプロフィール写真はまず一致しないそうです。

 

原因を調べてみると、ある実験結果が見つかりました。

gakumado.mynavi.jp

オーストラリアのニューサウスウェルズ大学の研究によるとで、自分が好きな顔写真と、他人が好きな顔写真には大きな差があるそうです。

自分が日頃見ている自分は、鏡の中の自分です。写真とは左右逆になっています。

鏡の中の自分と似ている自分を選ぶので、他者から見るとしっくりこないのだそうです。

 

プロフィール写真はどちらで選ぶ?総当たり戦か勝ち抜き戦か

「2枚の写真をくらべて選んで。」

選びかたは、複数の写真を並べて、そこから一枚を選ぶのではありません。

一枚ずつ比較して、いい方を残す勝ち抜き戦で選ぶそうです。

 

実際にやってみると、2枚の写真を比較すると、より細かい箇所の違和感に気づきやすいのです。

  • ネクタイが微妙に曲がっている
  • 口元が少しひきつったような笑いになっている
  • 猫背になっている

と言った違和感が2枚を比べると見つけられるのです。

 

というわけで、自分のプロフィール写真は、自分ではなく他人に、しかも勝ち抜き方式で選んでもらいましょう。

 

とは言っても、最近は盛り沢山な顔写真を撮る、いわゆる【自撮りアプリ】が人気のようです。

my-best.com

プロフィール写真を盛られてしまうと、いろいろトラブルが起きそうです。

何事もほどほどに。

選択をゆだねる時代へ

なぜプロフィール写真の選び方が気になったかというと、様々な選択を他者に委ねようとする流れを感じるからです。

例えば、SNSで利用するハッシュタグをAIに提案させる技術が誕生しています。

www.itmedia.co.jp

そこまでして「いいね!」を増やしても、とは思うののSNSを利用したECサイトなどには有効なソリューションかもしれません。

 

一方、選択(診断)する際の属人性を排除して向上しそうな分野もあります。

hakuraidou.com

何を委ねて、何を自分で決めていくのか。

それこそ選択の時代になってきたのかもしれません。

 

ブログのタイトルを「マーケター河原塚の放課後ノート」に変更します

このブログは「マーケティングがわからない」という仮のタイトルを使っていました。

きっかけは、はてなブログの新しいドメインが取れるタイミングに、たまたま「marketing」のサブドメインが手に入ったことです。

当時もいまもマーケティングの奥の深さにもがいているので、「わからない」と正直につけました。

いまになってみると、中途半端なタイトルだと反省しています。マーケティングについてのブログなのか、そうでないのか。「マーケティング」と「わからない」という言葉それぞれの意味が大きすぎて、よくわかりません。

何度か、タイトルを見直そうとしましたが、結論は出ません。

 

その後、一ヶ月間とにかくブログを更新することに集中したところ、自分は何者で、何を伝えたいのか、はっきりしました。

というわけで、このブログのタイトルは2017年8月3日(木)から「マーケター河原塚の放課後ノート」にします。

タイトルを決める際に参考にした3つのブログを紹介します。

世の中には、ブログのタイトルに関する記事が大量にあります。

最近はブログのタイトルより、記事のタイトルのほうが重要という意見もあります。検索エンジン経由での流入を重視すると、そうかもしれません。

一方で、ぼくが魅力を感じたのは、ブログのタイトルにしっかりした狙いのあるブログです。

参考にしたブログ「世界のねじを巻くブログ」

ブロガー向けにタイトルづけのヒントをくれる記事です。

www.nejimakiblog.com

5つのアイデアのうち、

2.タイトルだけで、「どんなブログかな?」と興味を持たせるタイトルであること。
5.自分が影響された作品の名前が入っていること

を採用させていただきました。

タイトルの後半の「放課後ノート」が、その狙いを持っています。

 

この言葉は、以前会社の後輩に

「会社に放課後の少年みたいな人がいるのに驚きました」

と言われて以来、気になるフレーズだったのです。

 

後日「放課後の少年って、好きなこと(仕事)しかしない。」って意味ですよ、と爆笑されましたが。

「放課後」のもつ開放的なイメージも気に入っています。

 

一方、タイトルの前半はこの記事を参考にしています。

参考にしたブログ「KayoreenaのIndia Blog(インドで働く日本人女性のブログ)」

ぼく自身が昔インドに住んでいたこともあって、楽しく読ませでいただいています。

先日、ブログを書くことについての記事がありました。

kayoreena920.com

どの指摘も的確なのですが、特にこの箇所が刺さりました。

読者が興味があるのは「あなたが何の情報の専門家であるか」ということです。

例えば私の場合は「インドで働いて生活するとはどういうことかを伝える専門ブログ」と定義することができます。

「何の情報の専門家であるか」を伝えるために、タイトルの前半を「マーケター河原塚」としました。

ただ、マーケターという職種はとても範囲が広いので、「WEBマーケター」や「デジタルマーケター」と絞り込んだ方がイメージしやすいです。

ですが、いま「マーケティング」は本来の意味に近い、企業活動全体に影響する考え方になってきています。

なので、修飾語はつけません。

そのうち、キーワードが思いついたら追加するかもしれませんが。

 

そして、ブログの新タイトルの検討に大きく影響したのがこの記事です。

参考にしたブログ「小倉さんは考えた」

名前と動詞を組み合わせたシンプルなタイトルですが、実はSNSの影響を考慮しています。

www.ogura.blog

メディアと違って個人ブログに期待される"役割"は明確だ。求められているのは個人的な「レビュー」と「考察」「解釈」だけだ。これをブログ名に取り入れるだけで良い。 

シェアされやすさと、個人ブログへの期待を考えた上のシンプルさなのです。

 

ぼくも名前を入れることで個人ブログであることを明確にして、できるだけシンプルにしました。しばらくはこのタイトルで活動するつもりです。

そもそも、自分がマーケティング担当ではなくなったら再考する必要があるタイトルなので。

ブログデザインを「Innocent」に変更

ブログのタイトルを変更するタイミングに合わせて、デザインを変更しました。

moonnote.hateblo.jp

2カラムにして、右側にそのほかの記事へのリンクを表示させたかったからです。

読みやすいブログを目指していきます。

ブログの更新を妨げる4つのハードル(2017年7月)

ブログを一ヶ月毎日更新しようしたところ、助けてくれるものと、妨げるものに気づいた。

(助けになったのは、前回紹介したこちらをご覧ください。

ブログを毎日更新するための4つの方法(2017年7月からの気づき)

自分の弱さと直面し(大げさ?)、乗り越えなくてはならない。

書く時間を決めていない

その日の気分でもやもやっとネタを考えています。

いつネタのイメージが固まるかで、書き出す時間がぶれます。

朝の出勤中に思いつけばかなり余裕があります。お昼すぎならまずまずですが、夕方になると焦りまくりです。

しかし、ネタの候補はあるので、とりあえず、少しずつでも書いてみると、たいてい一本はすっと書き出せます。

このことに気づいてからは、新しいネタが思いついてなくても、通勤中や昼休みに、溜まってるネタで書き始めるようにしています。

所要時間の見積もりが甘い

といっても執筆の時間ではありません。

家事の時間の見積もりが甘いです。

 

家に帰ってから、やるべきことがあります。

息子の勉強に関することや、一部の家事です。

朝の時点では想定してなかったタスクが増えることもあるので、先月の中旬からは家事の時間を余裕をもって確保しました。

それでも時間が足りないことがあったので、今月からは家でブログを書く時間を減らします。

やっても最後の仕上げだけに限定したいです。

(この投稿は8割以上、通勤中に書いています)

 

睡眠不足

睡眠不足だと、書くスピードが落ちます。

さらに、誤字脱字も増えます。

夜遅くまで書いた場合、翌日にもダメージが残ります。

 

ドラクエを徹夜で遊んだころの自分とは違うのです。

40代の自覚が足りません。

 

もう一度言います。

寝ないと、翌日さらに状況は悪化するので、早く寝ます。

ぼくの場合、基本24時まで、遅くとも1時までに横になると、翌朝体調がよいです。

 

最後にもう一つ。

毎日更新しようという覚悟が足りない

毎日更新すると決めた以上、ありとあらゆる対策を打つべきでした。

例えば、ブログ更新仲間のM氏は、夜のうちに書き上げて、毎朝公開しています。つまり、書き上げるまでは寝ないのです。

また何かトラブルが起こる可能性もあります。あらかじめ記事のストックを貯めておけばよかったのです。

なにもそこまで…という意見もあるかもしれません。

やるか、やらないか、2択であり、ぼくはやると決めたのです。

 

2017年8月は毎日更新するために、さまざまな工夫をしてみます。

以上、先月の反省とともに、今月に向けた決意です。