マーケター河原塚の放課後ノート

興味がある5つのキーワード:イノベーション、未来、歴史、雑誌、個人

ブログの更新を妨げる4つのハードル(2017年7月)

ブログを一ヶ月毎日更新しようしたところ、助けてくれるものと、妨げるものに気づいた。

(助けになったのは、前回紹介したこちらをご覧ください。

ブログを毎日更新するための4つの方法(2017年7月からの気づき)

自分の弱さと直面し(大げさ?)、乗り越えなくてはならない。

書く時間を決めていない

その日の気分でもやもやっとネタを考えています。

いつネタのイメージが固まるかで、書き出す時間がぶれます。

朝の出勤中に思いつけばかなり余裕があります。お昼すぎならまずまずですが、夕方になると焦りまくりです。

しかし、ネタの候補はあるので、とりあえず、少しずつでも書いてみると、たいてい一本はすっと書き出せます。

このことに気づいてからは、新しいネタが思いついてなくても、通勤中や昼休みに、溜まってるネタで書き始めるようにしています。

所要時間の見積もりが甘い

といっても執筆の時間ではありません。

家事の時間の見積もりが甘いです。

 

家に帰ってから、やるべきことがあります。

息子の勉強に関することや、一部の家事です。

朝の時点では想定してなかったタスクが増えることもあるので、先月の中旬からは家事の時間を余裕をもって確保しました。

それでも時間が足りないことがあったので、今月からは家でブログを書く時間を減らします。

やっても最後の仕上げだけに限定したいです。

(この投稿は8割以上、通勤中に書いています)

 

睡眠不足

睡眠不足だと、書くスピードが落ちます。

さらに、誤字脱字も増えます。

夜遅くまで書いた場合、翌日にもダメージが残ります。

 

ドラクエを徹夜で遊んだころの自分とは違うのです。

40代の自覚が足りません。

 

もう一度言います。

寝ないと、翌日さらに状況は悪化するので、早く寝ます。

ぼくの場合、基本24時まで、遅くとも1時までに横になると、翌朝体調がよいです。

 

最後にもう一つ。

毎日更新しようという覚悟が足りない

毎日更新すると決めた以上、ありとあらゆる対策を打つべきでした。

例えば、ブログ更新仲間のM氏は、夜のうちに書き上げて、毎朝公開しています。つまり、書き上げるまでは寝ないのです。

また何かトラブルが起こる可能性もあります。あらかじめ記事のストックを貯めておけばよかったのです。

なにもそこまで…という意見もあるかもしれません。

やるか、やらないか、2択であり、ぼくはやると決めたのです。

 

2017年8月は毎日更新するために、さまざまな工夫をしてみます。

以上、先月の反省とともに、今月に向けた決意です。