マーケター河原塚の放課後ノート

興味がある5つのキーワード:イノベーション、未来、歴史、雑誌、個人

週一ヨガにボクササイズを加えたらどうなったか?(4週間で-2kg)

先日紹介したとおり、同じ40代後半なのに一年で16.5kgやせた友人がいる。

一年で-16.5kg痩せた男の話 - マーケティングがわからない

このまま何もやらないわけにいかない。

数歳年上の50代の先輩からも「痩せるなら40代のうちだぞ」「少しでも早く痩せろ」と過剰なほどタイムリミットのようなアドバイスを受ける。

週に一度通っているヨガの前に、グループキックというボクササイズを加えてみた。

4週末、この組み合わせで試したところ…。

実は、ヨガにも種類があるようです。

ぼくが参加しているのは「パワーヨガ」(以後、Pヨガ)と言います。筋肉の使用量が普通のヨガよりは多いのが売り文句です。 呼吸に集中しつつ、体をゆっくり大きく動かしていきます。

一方、ボクササイズもまた種類があるようです。ボクササイズにキックを加えたもので「グループキック」(以後、Gキック)という名前です。リズミカルな音楽で、かなりハードに体を動かします。

前者のPヨガは体幹強化系トレーニング、後者のGキックは脂肪燃焼系トレーニングというところでしょう。

地元のスポーツジムには、週末にPヨガ教室、Gキック教室が連続して開催されます。間に10分の休憩があるだけなので、都合がいいと思ったのですが。

一週目:もう無理(腕がフルフル)

Pヨガの前に、Gキックで身体を使ったせいなのか、ポーズが維持できません。

Pヨガで基本とされるポーズの「ダウンドッグ」で、腕がもたないのです。

ダウンドッグは「下を向いた犬」と呼ばれるポーズで、腕と足を使って、体をくの字にします。

www.yoga-gene.com

しかし、腕が体重を支えられず、フルフルし始めます。

早速家人に「この組み合わせは無理だ」と伝えて、冷たい目で見られます。

止むを得ず、もう1週維持することになりました。

二・三週目:やっぱりきつい(汗が止まらない)

翌週もPヨガ、Gキックの教室に続けて参加します。

やはり一週目と同様、Pヨガで腕がきついです。

しかも夏ということもあり、汗がダラダラ出ます。

会場はエアコンが効く体育館なので、他の参加者はゆったりと優雅にポースを決めています。

ぼく一人だけ、汗が止まらず、しかもポーズも維持できず、なんとも情けない気分になります。

他の人のことは気にせず、自分の呼吸に集中してください!

ヨガ教室が始まる際、先生が毎回声をかけてくれるのに助けられています。

四週目:慣れてきた(汗が出て気持ちがいい)

週一回の教室であるものの、四回目ともなると少し慣れてくるようです。

相変わらず、腕はフルフルするものの、前よりはポーズを維持できるようになります。

汗はやっぱり止まりせんが、教室のあと終日体が熱くて気持ちがいいことに気づきました。

 

そして、何よりサクッと体重が減りました。

4週間で−2kg。

一年で-16.5kg痩せた男に負けないよう、当面はヨガとボクササイズを組み合わせたトレーニングを続けてみようと思います。